SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGsへの取り組み

SDGsについて​弊社で行っている取り組みをご紹介いたします。

弊社では性別、年齢、国籍などに関係なく全ての社員が公平に評価される社内制度を設けるており、経験の有無に関わらず各々の業務成果を評価するインセンティブ制度を導入しています。

弊社では販売支援業務やテレマーケティング業務の運営を行うにあたり性別や年齢を問わず多くの人材を採用しています。
これらの業務は未経験の方も積極的に採用しており、新たなスキルを身に着けるための充実した育成を行っています。
また、全ての社員にスキルアップのための外部セミナーを活用したり勉強会を定期開催しており、各々のキャリアアップに努めています。

弊社では男性社員・女性社員の垣根なく育児休業制度の推進を行っています。
また、育児休業により長期にわたり現場を離れていた社員が復職しやすいよう、定期的なコミュニケーションをとるなど環境を整えており、復職時にも充実したバックアップを行っています。

弊社で使用しているカタログや印刷物、その他紙類、ビン・カン、利用しなくなった電子機器類は提携業者によって全てリサイクルされ再利用されています。
限りある資源の枯渇や、廃棄時の有害物質の発生を防ぐため社員一同で意識を持ち日々のゴミ削減に取り組んでいます。

弊社で使用している照明設備は全てLEDを使用し、社内で利用しているパソコンや、サーバー等の機材も全て省電力な機材を使用しています。
また全ての社員に節電を呼びかけ、常に不要な照明、エアコン、電子機器の電源OFFや省電力設定での利用を心がけています。