​代表挨拶

​代表取締役 高橋 陽介からのご挨拶

​この度は弊社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社は東日本大震災があった2011年に、インターネット回線販売の個人事業として屋号「エリシアン」で創業いたしました。

震災当時、私が生まれた故郷の様子は、とても言葉にはできない様子でしたし、先が見えない状況でした。

当時大学生だった私は、生まれてきた意味を真剣に考えるようになり、自分で「大きなこと」「人のため」「日本のため」に

何かできることはないか、人生で初めて考えていました。生まれて初めの人生の選択だったと当時のことを振り返り思っております。

そして、何も考えず大学を休学して建設復興のアルバイトを始めました。

その当時はどこの現場もめちゃくちゃな状態で、今だから言えますが監督もいない、無免許で重機の運転も当たり前の状態でした。

​その状態で集まった有志たちと相談しながら、作業をこなし、復興の一部を担いました。

そこで出会った有志のリーダー的な存在の方と語るうちに、本気で起業を志しました。

​しかし、何を扱うかなどは全く決まっておらず、運命に身を任せ外資系の営業会社に入社し、そこで通信の担当部署に配属になりました。

それがきっかけにもなり独立して、仲間を集め今に至ることとなります。

創業した当初から今まで変わらないことは、経営理念でもある「この上ない幸福です」。

事業というものは、上記を達成するための手段だと考えております。

これからもずっと「この上ない幸福」にこだわりながら、社員・日本・そして世界を心豊かにしていく存在になりたいと考えております。